消えるのを見届ける
少女は云って
ろうそくの前で瞬きを忘れた

聖と邪の行進
光の方位は改められる

色調不明の尖塔
屈折する十字架

視力が不十分な双子を匿うのは
山ほど積まれた人体の落とす影

消えるのを待ってる
とっくに見えぬはずだったが
女児はたしかに云って
ろうそくの前で呼吸を忘れた

闇は光さえ拒まなかった
やがて無風の夜明けだ





果てではなく
最中にしか平和は無い

祈る手
踊る血
滑稽な演説
何が原因か白菊なら知る

瞳を滴り
砂地に窪む真相は表裏
影の青い少年
その微笑、そして

人差し指の痙攣
理由のない場所で命を撃ち
かえって平らかを体感する

泣くのはいつも
祖先を思う子孫だった

だから平和は常に
悼む者より悼まれる者に
与えられるほか無かった





水滴が空へのぼる
産毛のように震えながら
集合体は青白い
命の惰性が証明される





恐れないでいて欲しい
暗号以外で語ろうとする口を
蔑むものに
ただなりゆくその躰を

厭わないでいて欲しい
疑惑に満ちた警戒
新鮮味をたたえた啓蒙
人を不幸にするだけの

指を切って赤い
夕暮れに似ている
それだけでいいのに

おまえは青でぼくは黒
もし溜め息より長く見つめ合えたら
溶け合った瞳は何色になるんだろ
それだけを語ってたい
答えにたどりつかないでたい

鏡のない世界
光のない世界





ひからびたデイジー
おまえの正体はかつて何だったの
将校さん
それとも
ねえデイジー
エナメルの海面が地球を覆う
戦場から流れ着いたデイジー
ここも中継というのか
それとも流刑地だと
デイジー
きっと旅の果てさ
もうどこへもいけないさ
おまえに口が無くて本当に良かった
ぼくに耳が無くて本当に

(再会に必要なのは底知れぬ欠如に他ならない)





名前のない何かを
大切にしすぎてぼくは何度も溺死した

溢れんばかりの光の中で
なに不自由ない生活で
欲しくないものを乞うて
乞うて乞うて
乞うて、ただ乞うて溺れた

肺胞は葡萄に似ているのだった
生温かな血とその管

裏切る相手も無い夜に
明日へ向けて溺死していくたくさんの雛
まやかしのためだけに卵を産む親鳥たち
それを誘発する乱獲者の群れ
明るく平和な世界
いま手をとってくれ





あんまり生々しいと云って
獣は繁みへ帰ってしまい
二度と戻らなかった
食事作法を教えたばかりに
ぼくは再び一人で喋るのか
太陽の位置は今日も同じだ





一足ごとに書き留めて
ああ進みやしない
時間以外は
なぜ拒むの
拒むほど気になるものを
捨てると失うは別物だ
拾うように産むように
手放し忘れたとして
得られるものが絶望だけとは限らない
罪の文字さえ知らないなら
人は犬にだって許される
三日月に向かい
遠吠えだってすればいい





「赤い尾鰭はサボテンで裂けた」

誇るな、
相槌は静かなその一言だった

金魚鉢でサボテンを育てる男
ぼくはついさっきまで確かに見くびっていた

若さを、
男はさっきに付け足して
付け足した後何かに対しすこし困ったふうに

百年なんかすぐに終わっちまうさ、
金魚鉢に入らなかった金魚、
砂漠に生まれなかったサボテン、
理由、
いたって明白だろう、おばかさん

おとなのくせに
黙って触ればいいのに

波型の口から水はとめどなく零れる





「何者」

硝子を通して射し込む日が
また硝子を通して鏡に撥ねさせられる
衛星の軌道が惑星と恒星に並び
人工と神秘の差異はまた不確かになる

迷うことなんかどこにもないのにさ
嵐が東に抜ける夜
禍からも見放された命は繰り返し唱える
星ひとつにさえ届かない暗示が睡魔呼ぶまで

あの光みたいに目の前にちらつく
記憶と憧憬あるいは幻影、見たことの一度もないもの
無限でないこの世でさえ隈なく見晴らせることはない双眸
革命の末の絶望さえ手に入らないそらぞらしさ

大きな揺り籠に過ぎぬ成長しない群衆に他ならぬ
慰められても動きが信じられないのなら
揺り籠は密室と変わらない

悪人がみつからなくて赤い手とあらばついていってしまうよ
歩むほどに分かることは歪ながらに調和のとれた世界ということ
調和であるために歪になる術を知る生き物たちの踏む土の連なり

どこにも隙間が見当たらない
満たされたことなんか一度もないのに
どこにも余白が見いだせない
優しげな母子の姿にぼくはむやみに贖罪の意識を覚える

淡い魂を喰らい容赦なく輝ける夕陽さえ一日の終わりに霞む
いっそ連れ去ってくれよと骸の烏がたった一羽で鳴いている
何が怖いのですか
誰にも聞こえない声であなたがぼくなどに語りかける暁
内側に飼っているのです
指先から咽喉から乾いた目の縁から
赤いが滴る
(密室の主はかような住人をも咎めない)





「遠いところに」

視覚と聴覚の一部
あの夏に置いてきたの
すぐそばにある会話の中で
雑踏の孤独で
現実的な味覚の最中にも
今はどこかで常に浸って
海水に血を流し続ける
(海水は気にも留めない)

赤を埋めて
白い砂丘
その先にある
青い水平線
たくさんの赤を
赤を吸って
吸って、
吸って、
吸って、

誰が生まれたでもない
まして死んだでもない
変哲もない光景を
わたしたちのうち誰も
忘れようとはしないでしょう
忘れることはできないでしょう
二十世紀に子供だった
臆するものなど何もない生き物だった
何も知らずにすべてを壊した
気づくことなく何かを救えた
記憶に触れ
眼差しを受け止め
ほとんど無意識のように握りしめた傍らの左手で





諦めることで
求めても手を伸ばさないことで
信仰を失わないでいられる
だから探求は野暮だと
学帽の縁の下で母譲りの緑眼が伏せられた





「鉄と緑」

ぎんと光る鉄道
どこへ続くかをみんなが知っている
あるいは信じている

辿り着きたがる人間を
乗せた汽車の重みで線路は形を変える
砂利に少しずつ沈み込む

きっと明日は転覆するだろう
きっと明日は脱線するだろう
駅舎が住処の少年
その瞬間のために一時間おきの起床

だが、いまだに
いまだに

太陽がぎんと照らす鉄道
寝ぼけ眼は健気しか持ち合わせない
草の葉は日に百遍も撫でられる





「七月」

地上に出て間もない蝉の声が
見えない膜のように世界を覆うころ
こどもは手を伸ばして何かを掴もうとするが
その途中でおとなになってしまい
何かが何だったかを忘れる





「百年」

あの日見たような
気のする青い湖を
求めて幻を何度も
ぼくは殺さなくては。

逝く者はみな軽いのではない
かえって重いのだと
セラミックのポニーの口を借りて
幼い神さまが語りかけてくる

重さが足りないのだ
そうか
この星に愛されるような
核の部分が欲しがるような
誰もが一度は煩わしく感じるような

そうだ、
でも、

あの蔓は鬱陶しかった
血はただ高尚に過ぎた
濡れた指先はもう悲しませるだけだった
畔を歩いているのに捜していた湖だという
確信が持てないでもう百年は歩いている

(干乾びることがないのなら
 ここはもう水底かも知らないけれど)。