『夢の葬列』

風の渡る水面にすべて託した
あのひとをつかまえて
月光でコーティングしたら
もう二度と解き放たないで

闇は星を抱え込む
もっともっと暗くなるため
あのひととぼくの夜と
あのことあいつの夜のため

星屑の葬列に加わって
銀色の楽器を奏でている
一瞥した後ろ姿
もう二度と追ったりはしない

また会えたら
また会えても
知らんふりをしてね
今度こそぼくたちを初恋にしてね





『橙の底アパートメント』

飛行機雲
追って見つけたビルの谷間
密猟された愛の果て
ネオンを食べる熱帯魚にさよなら

橙の底に沈むもの
百群から始まるグラデーションの
いちばん底辺で輝くもの
裏切ってやった奇跡の末裔たち

そこは星屑がこぼれ
砂時計の終わるところ
そこは朝陽に溶かされ
殲滅と再生の共生するところ

そしてなにより僕たちの
すり切れた靴底でたどり着きうる
やがて最後に帰る
蜜色した毛布の広がる極楽





『101回目の殺人未遂』

読みかけの本の上にこぼれた
パン屑を払う手つきを
見せつけられたみたい
殺してやろうかと思う
誰の手にも負えまいから
一撃でないほうがいい
フォークとか身近で
スプーンとか不似合いなものがいい
君は苦しんで
苦しんで苦しんで苦しんでやっと死ぬ
だんだんとうつろな目で
ろれつのまわらない舌で
訴えてくるならぼくは
君と出会った頃から話し出すよ
そうしたらわかるだろう
君がどれだけわがままで
ぼくがどれだけ未遂を抱えたままの男か





『おへんじ』

これくらいの
とコップを指して君は言う
愛でいいなら

だからぼくは
目玉焼きを返すのを忘れた
泣いて頷いてまた泣いた

君は残さないんだな
この世界に
食べかけも、分身も
世界はそれで少し
損をするだろう
いいのぼくは悪魔になるの





『クラスメイト』

ルフランを我慢しなければよかった
指さされて笑われても
愛する世界をほんと愛してるって
そのまま言えたら良かった
カーテンの裏側にはカーテンの裏側の世界が続いてただけだった

てっぺんになりたいわけではない
そう言うとやせ我慢だとか負け犬だとか
所詮なれないんだとか色々飛び交うね
間違いも正しいもどうだっていいんだ
ただ飛び交って喧しいから頬杖に任せる

罵声がぜんぶちょうちょならいいのに
いろんな知らない新しい蝶々
そしたら僕はすべて捕まえてしまって白銀のかごで死なせかけて
すんでのところで再生させてそれからさ
どうにかやりくりしてさなぎになって孵化するところ
見守りながらあなたにだって負けないで微笑んでみせるよ

気づいていたって知っていた?
やめないで見つめて睨んでばっかり
あなたいつも好きだね
自分を愛し返さないものが本当に好きだね





『きみをきらい』

カーテンレールにあの日のコイン
とっくにもう終わっていたんだ
ずっとひとりで待っていたものは

オルゴールのとげとげをさわりたかった
音を奏でるいじらしいとげとげを
鍵を無理にこじ開けて壊してしまった
僕に壊されるものはいつもかわいい

僕を語らないでも生きるこの植物がきらい
僕の見えないところで死んだあの猫がきらい
僕に名前をつけさせてくれないまま
お世話しなくても死なない君のことがずっときらい





『はらわたに茜さす』

ずっと前に誰かと
引っ張り出して遊んだ
カセットのテープのにおいがする
誰のはらわたとも違って
あれはあれだけの香り
秘密の罠は楽しかったな
染まりそうになって
嵌りそうになって
そのことに気づいてないことを知って
出せるものも出せなくなって
願うのは誰かの孤独ばかり
それはたまにきみのだったりする
飲み残しをまだ流せないでいる
舌からはすぐに消えてしまうからね
シンクに映ってぼやける顔
きれいだねと皮肉られるのにも飽きた
褒められて微笑まれてベッドに埋もれる
そんな正常に落ちぶれていかないで
オレンジじゃなくて橙色なんだって
そんなこと主張してどうなるのか
だいじだったんだよ
だから僕はいつまで経っても
きみの泣きかたを今も忘れられないんだ





『ふたりめ』

また新しく生まれた
何も知らない何も知らない
ぴちぴちの死人候補生
アンドロイドクターが匙を投げた世界に

今日もまた太陽はふられた
月は満足そうに満ちている
その光の中で僕は新しい命に
名前を偽るのも面倒になってきている

聴覚が確認できたら僕はまた繰り返すだろう
きみではないきみに似た何かに愚痴っぽく
遠い昔からずっと寄せて返す波が
いつまでも僕だけを置き去りにするんだって

手足もまだ不揃いの
あかない瞳を思いながら声を殺して
きみの耳の形に合った貝殻は落ちてないかと
今日も廃棄物だらけの砂浜を裸足で僕はどこまでも歩く





『百群と群青』

網にひっかかるシャボン玉みたいだった
逃げ切れなかった僕らを逃さなかったもの
それは石の壁でもサーチライトでもなく
ガーゼより柔らかな真っ白のカーテン
だけどあなたはそれを百群と呼んだっけ
どっちの視界も不安定でそのように見えていた
不安定なままで誰もいない不在に神様を見た
怯えながら寄せ合った体に痣は伝染し
本当を見たこともないけれど星のように散った
がんじがらめのあなたはかわいいな
どうかこれからも信じることをやめないでいて
信じるに足るものなど他に無いってこと
悪辣と放蕩の果てで僕の痙攣にだけ憩ったらいいんだ