ぼくたちの町の真ん中にある
緑色のガスタンクは卵みたい
何年も何も生まれては来てないけれど
もしかしたらもう空っぽかもしれないけれど

それにはちいさな梯子が付いていて
許されればてっぺんに行けるようだ
ぼくたちはそれを禁じられているけれど
いつか登って見下ろして飛んだりとかしてみたい

そばの倉庫で首つりがあったみたい
いちばんいい夜を選んだよ
誰もが眉をひそめながら笑うなかで
本当に素敵に感心してる人だっている
いちばんいい夜がみんなに訪れるといい

そう思える一日がまたあるといい
誰かが誰かを殺したときだけじゃなく
たまに不定期にぼくを襲うといい
えたいの知れない愛みたいなものだとか

あふれればいい
排水口が詰まったみたいに
綺麗じゃないところからふいに
何かの間違いみたいに

流れに逆らって方向転換する
信じたものを疑うわけだから
棘がささったりするけれど
抜かなくても死なないでしょう

顕微鏡の奥に広がる世界
誰から何をされても嫌な顔ひとつしない
それはぼくの特技であり生存条件だった
きみの細胞とレンズ越しに目が合う
バラバラのときだけはみんな可愛い





街に光がななめにさす
やわらかい鋭角がいのちをさす
木々のざわめきが次を呼んでいる
きらいな時間はもうすぐ終わる

白いノートに手のひらをかぶせ
書き切ったものを破り取る
誰の目にも触れないように
言葉の胎児を丸呑みにする

たくさんの凶器が地上にはあって
それで救われる人が確かにいる
はるばる遠くから見れば
血痕の輝きだってそれなりに星座だろう





ぼくは間違うだろう
きみを閉じ込めたいというだろう
砂糖とか琥珀とかきれいなものに
永遠のために誘導するだろう
生きづらさを訴えるきみにはうってつけだ
だけど忘れてはいけない
ぼくは間違うことがある
きみを諭そうとする
この姿勢がすでに間違いだったりする
ぼくが澄んだ目でものを語るとき
そのときは本当に狂ったと思っていい
だからいま言っておく
ぼくがどうなってもきみは忘れるな
死なないこと以外に大切なことはない
信じるすべて裏切って逃げてでも
生きないほうを選んではいけない
理由をさがしてはいけない
理由などはないから
正気のぼくの願いだと割り切ってほしい
押し付けがましくて不気味だろうが
きみは命を守らないといけない
ぼくを幻滅させながら老いなければ
欲した理由はそのあとに降りしきる





ほれぼれする
あたたかいのは
ぼくに降る宝石
宇宙のこぼす涙
光ばかりのこの国で
夜はしずしず
海へ溶けてく
見届けなきゃ
欠片にふられて
惑星たちに指さされても
結露のように身を寄せ合って
からだいっぱいの歴史を
一族の生と死を
刻まれなかった声を
風にのせて拡散しなきゃ
他愛もないすべてのため
世界が笑わないのは
ぼくが笑わないからだね
いま知ったよ
ぼくはぼくを見ていたんだ
敵ではない
他者ではない
世界ではない
思いどおりにならないこと
そんなものはどこにもなかった





ねがいごとが消えていくのを待っていた
同じ一日はこないといいきかせて待っていた
あかねびのかかる欄干の上に
新しい血をさらにしとどに垂らし渡っていた

思春期みたいにかたい胸でやわな思考で
見慣れた顔に似た赤の他人とすれ違いながら
馴染んだ何かを早く壊したくて仕方がなかった
それはきっとありがとうって言うよ

神さまなんて呼ばなければよかった
愛なんか一度でも知らなければよかった
やさしくしてくれるものに囲まれて人は自由を失うよね

あなたは簡単だから誰が監視してもしてなくても
ぼくが吐いたものを手のひらに受けられる
この世に石鹸があるからだよね
あなたの暮らしに石鹸を買い忘れない人がいるからだよね

無垢だから息ができなくなるんだ
だったら誰にも疑われず病むくらい
与えてくれて悪くはないだろ
傷つくな、なんて無責任なことを真夜中に語るな





水槽はジャムでいっぱい
魚になっても息はできない
これが願った罰なのか
非力で祈るだけならかわいかったか

建物の外壁はやつれて
黄昏に向かって泣いている
ふと目を逸らした先に青信号
帽子をかぶった男の横顔

バスを降りて駆け戻った
懐かしい部屋できみは死んでいる
ぼくの幸せを確信しながら
ジャムに潰されて平和だと笑って





残酷とかわいいは同義だよ
ぼくの中できみは天使だよ
いや天使とか実際知らないからきみだよ
だってぼくの中で最高の比喩だよ
もうきみをきみ以外でたとえたりしないから
(まちがえちやってごめんね)
アイコンでありシンボルだよ
ピアスの隣に盗聴器つけて
かかりつけ医みたいにきいてるよ
BGMみたいに当たり前に流れるよ
きみの鼓動と呼吸だけ頭の中に流してたいよ
電車もラジオも邦ロックもいらないや
きみの太ももの火傷の理由知ってるよ
その傷がまた膿んだら指を入れていくんだ
そうしたらぼくの手首の傷から指先が出るんだ
そう言わざるを得ないような世界世界世界がこないかな
そう信じて心地よい昨日昨日昨日を積み重ねていく明日明日明日
きみのこと嫌いな奴ばっかりの世界世界世界に住みたいな
きみをよんだりさわったりかわいがることが罰ゲームの世界世界世界にならないかな明日明日明日っから





綺麗で短いものが好き
ナイフも時間も
すり抜けた不条理
屋上から降るスパンコール
デコレーションできる領域の有限性
生まれた場所を捨ててきたあなたが
いまもその土地の訛りで喋っている
ガラスについた雨粒が描く模様を
眺めていると有限性なんか幻だと思う
綺麗で短いものなんかこの世にありませんと言われる
粒は景色を包み込んで転がり落ちる
虹の出ない雨上がりに白い傷痕
青い空の下で薔薇という文字の練習ばかり
あなただって何をしたっていい
絵を描けない歌も歌えないぼくの隣でなら





風が運んだ花びらが落ち
栄光を厚く塗り潰し
暴言と雨に打たれて
きみの体が明るく輝いた

抱くたびに知るんだ
土のにおいがきみからはする
愛の果ての血よりも深く
柔らかく眠っていた証としてか

人肌は慣れないでまだ熱いだろう
良い顔をされないときばかりだけど
ぼくの手がきみの心臓を
操っている夜も確かにあった

三日月
新月
三日月
満月

一千年後もまだ胸が痛むなら
数多の夜のあけた朝
ぼくに何をしてもきっと許そう
土や花らとひきかえに愛や血とやらに打たれよ





愛なんか信じるから裏切られるんだ
それはいつのまにか染まっていくもの
空は空のまま夕焼けにも帳にもなる
夜明け前の甘い不服をも抱き込んで

見えない目がほんとうの光をつくる
これまで誰にも象られることの
なかったものを日々確かに象ることができる
きみの幼稚な不安がぼくを永遠に生かす

場所を知らない公園
名前のついていない海岸
行けないところはない
繋がってさえいれば眠っていても

夢は抱かない
希望は持たない
それはいつか染まっていくもの
いつのまにかに染みて流れ始めるもの