会えないのなら
会いたく
ならないようにしよう
そう決めたんだ

すべてを捨てて
ほんとうにすべて
それから新しく飼う
そして気づく

すべてを捨てて
残ったもの
新しく飼って
ここにいないもの

存在は不在だが
不在は存在

つづけること

爆弾を投げ込まれても
ナイフ突きつけられても
きみはぼくを守らない
白昼も夕方も
あの子ばかり見ていた





蛍光ペンみたいな青空
星はガラガラと音を立て
地上にばらまかれた
トリックとツイート
真夏日の幸せは尽きない
きみの不幸がある限り
いつまでも足りないでいてよ
いっしょに新しい地獄を歩こう





茎から切られた花盛りの紫陽花を拾い
何を考えているのかわからないきみの
何が特別かわからない脳味噌を思う

閉じそびれた日傘が坂道を転げていく
トラックに轢かれる
皮膚の少し焼ける感覚がある
喉が渇いてすぐ潤う感覚が

愛と犠牲のアンバランスが如実なステージの始まり
幕開けは終焉へのカウントダウンと知ってなお
ぼくのせいで困り続けるきみを見ていたいと思う
思うから今年も死なないで夏を生きようとする





目覚めて真っ先に指先がふれるもの
仮定と証明を繰り返す朝
雲に覆われた空を暴いても
あの星座はあの場所にいない
手が届かないものを望むことは
痛みを伴うぶん
そのせいでいつも少し心地よい
世界からいらないと言われた
きみは明らかにしょげながら
かわいくない花に水やりをしている
姿の見えないものに育まれるぼくと
不在によっても危機を与えられないきみと
似ながらかけ離れて、だから尊い
いい加減この気持ちの名前を教えて





迷いながら歩き回った夜
消えた知人をさがしている
光る魔の手はほとんどを誑かした
ぼくだけは逃げ切らないといけない

きみはまた閉じ込められている
毎回毎回呆れるよ本当に
べつべつのところから同じ血を溢れさせて
その時ぼくに相談ひとつしないで

茜色の次に訪れるもの
そのために夜明けを受け入れた始まり
暴力的な光なら凍らせて叩き割ろう
きみの流す血は美しいよ





正体を消せば
風の音がよく聞こえる
正体を知られれば
視線はもうかわせない

真夏日に見下ろすアスファルト
壊れた傘が捨てられている
跨いで地面に伸びる影が
ぼくのより少しだけ薄いんだね

きみがだれでも
ぼくがだれでも
変わらない世界の
それを優しさだと仮定する

緑色に爛れる脳味噌
紫陽花のなれのはて
消えかかる首輪の跡
どこへ行かないでも許されるということ。





あなたが
意味したものがわからなくて
ぼくはまだ
波止場から動けないでいる

約束をしたんだ
思い出せないくらい昔に
忘れられないくらい優しい
優しい約束をしたんだ

そのために致死量未満の血が流れ
そのために発狂未満の負荷がかかり
もういいじゃないかと何人もに言われた
愛を騙った礫を幾つもくぐってきた

破られていないことは確かだ
灯台からあかりが漏れている
あれは誰にも奪えなかった
あの日の青空が放つに違いない





君に伝える
たったひとつの気持ちのために
たくさんの言葉がうまれた
書いては捨てた
勘付かれまいと
たくさんの言葉が
伝えるものがほんとうは何かを
勘付かれまいと
そんなことを続けていたら

雨が降った
長くて激しい雨だ
これが地球最後の雨なんじゃないかと
心配になるような降りかたをした
素直になると虹がかかった
なんだそんなものかと呆気なかった
地球最後を望んでいたわけでもないくせに

桜が散るのを切ないと言うね
夏の終わりは切ないと言うね
秋は空が高くて切ないと聞く
冬が切なくない理由を考えていた
夏の次に来るものであり
後には春が来るからだ

僕は余計なことのために時間をかける
余計だけれど必要なこと
余計なことをしているという感覚を忘れたくないんだ
君を好きだった





きみはぼくにのみこまれて
ぼくは狼にのみこまれて
狼はおばあさんにのみこまれて
おばあさんは毛布にのみこまれて
毛布はアップルパイのにおいにのみこまれて
アップルパイのにおいはアパートメントにのみこまれて
アパートメントはくじらにのみこまれて
くじらは街にのみこまれて
街は森にのみこまれて
森は夜にのみこまれて
夜は静けさにのみこまれて
静けさはどこまでも深い色に飲み込まれて
夢の中できみがひとりそれに青色と名づける
きみだけがそれに名前をつけられる





背骨にビー玉をころがす
ネクタイの結びかたを教わり
犬の死に方について教えた
この部屋で

ぼくはきみについてたくさんの
まだ知らないことがあってまだ飽きない

もしもすべて知ったら退屈になって
まだ何も知らない相手をさがすのかな
それとも退屈の先になにかあるかしら
なにもないけど平気でいられるかしら

ぼくの知るたくさんの
いわゆる愛しあうひとびとが
そうであるように
あるいは少なくともそう見えるように

誰へ対するマナーなの
誰のためのショウなの

傷つきやすくて傷つけてばかりの
かけらばかりで出来上がった命に
きみはいつでもふれていいよ
そのせいでぼくの気はふれていいよ

こんな朝になら
こんな夜になら